■ The Way Of The Madcatty Telecaster ■


プリンスが80年代初期から使用しているホーナー(H.S.アンダーソン)製テレキャスターMADCAT。憧れのギター、FUJIGENへのオーダーから完成までの道のりと、プリンス他・色々な音楽についての雑なネタぶろぐです♪
by madcat-telecaster
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

カテゴリ:雑談( 3 )

カスタムオーダーの楽しみと悦び

MADCATTY到着の直前で何ですが、ちょっとした雑文です。

今回のカスタムオーダーは、私の前に勇気ある決断と実行を示されていたsammyさんがいらっしゃったからこそ、でした。
ブログを拝見して、「その手があったか!!!」と激しい衝撃を受けました・・・探しても見つからないなら作っちゃえ・・・なんてシンプルかつ有意義な手法でしょう、実にロックです(^-^)b
sammyさんへは、ここで改めて御礼を言わせていただきます、本当にありがとうございました、そしてこれからもよろしくです☆

今回のカスタムオーダーはsammyさんと同じく、国内ギターメーカーの雄、FUJIGEN(MICKさんはかつてH.S.アンダーソンでMADCATの製作に携わっていらっしゃいました)へお願いしたのですが、これも非常に素晴らしいスタッフさんたち揃いでした☆
そもそもこのブログを始めようと思ったのは、MICKさん(不在の時は別の方が!)からのマメなメール連絡をいただいたからです。
製作の過程を画像で送っていただけるということでしたので、それならいっそそのまま同時進行でブログとしてしまえば、こちらをご覧になる方々もライヴ感覚で楽しめるでしょうし、有意義な情報などを発信出来るかも・・・? と思ったのです(^-^)b

結果としては大正解だったと思います。
MICKさんから毎回送られてくる画像の中には非常にレアなものも多く、1本のギターが作られていく過程を余すところなくレポート出来たのではないかと自負しています。
MICKさんを始め、FUJIGEN全スタッフの皆さん、今回は本当にお世話になりました。
今回、カスタムオーダーのギターMADCATTYを、ストレスを全く感じることなく、FUJIGENで作製していただけた自分は、とてもラッキーだったと思います、最高の出会いでした(^-^)b
ギターをこの手に受け取るまであと少しありますが、一足お先に御礼を言わせていただきます、本当にありがとうございました、そして今後ともよろしくお願いします☆



楽器店を通じてエレクトリックギターを購入するとき、様々な経路や個体が存在します。
テレキャスターを買おうと思ったとき、新品なのか中古なのか、色はどれとどれならアリか、ネックシェイプはどんなものにするのか・・・細かい点を挙げていけばキリがありませんが、それら全てをイチから指定し、まだ存在しない1本を製作していただけるのが、カスタムオーダーという購入方法です。

少し偏った意見かもしれませんが、「既に存在する個体が持つ音だけ、その1点のみをギター購入の指針とする」という方には向かないかもしれません(笑



■Body : Flamed Maple , Light Ash & Walnut (Thin Nitrocellulose Lacquer Finish)
■Body Binding : 1 Ply - Tiger Turtle Shell Celluloid
■Neck : Timeless Timber Hard Maple - Soft V "NOCASTER" Shape (Thin Satin Nitrocellulose Lacquer Finish)
■Fingerboard : Timeless Timber Hard Maple - 12”Radius (305 mm) (Thin Nitrocellulose Lacquer Finish)
■Frets : 21 Medium Jumbo
■Nut : Oiled Bone
■Head Stock Logo : FgN (FUJIGEN CUSTOM HOUSE - MADCAT)
■Pickups : Lindy Fralin "WOODSTOCK'69" (Neck/Middle/Bridge)
■Controls : Master Volume , Master Tone & 5 Position Selecter SW (CTS & CRL)
■Jack : Mono (Switchcraft)
■Bridge : 6 Steel Saddles On Hard Tail (Gotoh - GTC101)
■Machine Heads : Vintage K Style Tuning Machines (Gotoh - SDS510)
■Hardware : Chrome & Nickel
■Pickguard : 1 Ply - Tiger Turtle Shell Celluloid
■Color : M.C.(MADCAT) Blond
■Scale Length : 25.5” (648 mm)
■Width at Nut : 1.625” (42 mm)

Crafted by FUJIGEN CUSTOM SHOP - Made in JAPAN


 ↑ こちらは、カスタムオーダー申し込み時に見積もっていただいた内容を、メーカーのカタログ風に書き直したものです。
ここに挙がっている内容、その1点1点全てに・・・私の意志と要望が含まれています。
ここにないものでいうと、ポットのコンデンサや線材、ストリングガイドの種類、ナットでの弦間ピッチまでをも指定しました(^-^)b
(もちろんその中には、プロフェッショナルであるMICKさんへ相談して決めたものもたくさんあります)

あれが欲しい、これが欲しい・・・人の欲望とは、どこまでいっても結局のところ、ないものねだりなのだと思います。
となれば、「ないものを作る」というのは、ある一方では究極の購入方法なのではないでしょうか★

正式な申し込みから約3ヶ月半、カスタムオーダーの待ち遠しさ、その楽しみをたっぷりと堪能しました☆
そしてこれからは、出来上がったギターをずっと弾いて弾いて弾き倒して・・・音の悦びにまみれるだけです(^-^)b
[PR]
by madcat-telecaster | 2007-11-22 19:23 | 雑談

楽器フェア 2007

c0128885_1550410.jpg



パシフィコ横浜で11月1~4日まで開催されていた楽器フェア、最終日にぶらりと遊びに行ってきました☆

最初に目指すは・・・当然FUJIGENでしょう!
久しぶりにMICKさんとお会い出来ました~相変わらず癒し系の笑顔が素敵です(笑
手ブラでお邪魔してしまってすみませんでした、飲み物でも差し入れようと思っていたのですが、会場近くまで来たらイッキにテンションが上がってしまってすっかり忘れていました(^^;
MADCATTY完成まであと少し、FUJIGENの皆様よろしくお願いします(^-^)b

Fender、Gibson、Gretsch、PRSなどなど、世界中のギターを同時にたくさんたくさん見ることが出来て、眼福でした~☆
しかし・・・・・・コレ欲しい!!! と思ったギターは1本もありませんでした。
きっと完成間近のMADCATTYに恋してるからですね、意外と一途なんです、こう見えても(笑
各ブースでデモ演奏やトークショウなどがあって、見どころ盛りだくさんでした、楽器を趣味としている人でしたら1日中飽きずに楽しめるでしょうね♪

天気の良い横浜、みなとみらいは空も広くて気持ちのい~ぃ1日でした☆



【追記】
FUJIGENのブースで上映されていた、FUJIGEN FACTORY TOUR MOVIEがオフィシャルサイトで配信されています!
カスタムショップの様子も見られます☆
ギターがお好きならとーっても楽しめる内容だと思いますので、ぜひご覧になってみてください(^-^)b
[PR]
by madcat-telecaster | 2007-11-05 00:53 | 雑談

☆ ご挨拶 ☆

皆様はじめまして♪

こちらは、管理人が少年時代(2●年前)から憧れていたプリンスのギター"MADCAT"風テレキャスターのカスタムオーダー完成までを個人的に記録するつもりで立ち上げたブログです。
管理人は30すぎでギターを始めた身の上でして、ギタリストとしては正直言ってヘタレです(笑
ギターのカスタムオーダーなんて分不相応なのではないかと、どこか後ろめたさを感じつつ、まだ見ぬ憧れのギターに胸をときめかせてもいます☆



まず最初に、とある方のブログを紹介させていただきます。

Madcat Mania

今回、私がカスタムオーダーの申し込みを決心する上で、多大なる情報提供をいただいたブログです。
既に完成し、オーナーであるsammyさんへ納められた完全復刻MADCATの美麗画像がこれでもかとばかりに堪能出来ます♪
また、MADCATのみならず、プリンスが使用している機材や、曲そのものに関して、オーナーさんだけでなく濃ゆい方たちからのコメントが盛りだくさんで、プリンスファンにとっては非常~~~に勉強になります☆

こちらの方々からの情報提供(といっても私が勝手に覗いていただけなのですが、笑)がなければ、今回のカスタムオーダーは有り得ませんでした。
Madcat Mania管理人であるsammyさんへは、今回のカスタムオーダーとブログ立ち上げについてご挨拶させていただき、こちらでのブログ紹介も快諾していただきました♪
sammyさんを始めMadcat Maniaでの各項にてコメントをされていた皆様には深く感謝いたしますm(_ _)m



今回のカスタムオーダーが「いま」でなければならないのには、他にも理由がありました。
それはMADCATをMADCATたらしめている、ある重要なパーツの材料が入手困難になりそうだったからです。
その点に関しては、今後少しずつ(ねた不足のため小出しに)テキストを編んで行こうかと考えています★

このように、私・管理人によるチラシの裏・ブログとなりますが、以上、来訪された方々へのご挨拶と代えさせていただきます♪
[PR]
by madcat-telecaster | 2007-08-01 00:47 | 雑談


最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧