■ The Way Of The Madcatty Telecaster ■


プリンスが80年代初期から使用しているホーナー(H.S.アンダーソン)製テレキャスターMADCAT。憧れのギター、FUJIGENへのオーダーから完成までの道のりと、プリンス他・色々な音楽についての雑なネタぶろぐです♪
by madcat-telecaster
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

カスタムオーダーの楽しみと悦び

MADCATTY到着の直前で何ですが、ちょっとした雑文です。

今回のカスタムオーダーは、私の前に勇気ある決断と実行を示されていたsammyさんがいらっしゃったからこそ、でした。
ブログを拝見して、「その手があったか!!!」と激しい衝撃を受けました・・・探しても見つからないなら作っちゃえ・・・なんてシンプルかつ有意義な手法でしょう、実にロックです(^-^)b
sammyさんへは、ここで改めて御礼を言わせていただきます、本当にありがとうございました、そしてこれからもよろしくです☆

今回のカスタムオーダーはsammyさんと同じく、国内ギターメーカーの雄、FUJIGEN(MICKさんはかつてH.S.アンダーソンでMADCATの製作に携わっていらっしゃいました)へお願いしたのですが、これも非常に素晴らしいスタッフさんたち揃いでした☆
そもそもこのブログを始めようと思ったのは、MICKさん(不在の時は別の方が!)からのマメなメール連絡をいただいたからです。
製作の過程を画像で送っていただけるということでしたので、それならいっそそのまま同時進行でブログとしてしまえば、こちらをご覧になる方々もライヴ感覚で楽しめるでしょうし、有意義な情報などを発信出来るかも・・・? と思ったのです(^-^)b

結果としては大正解だったと思います。
MICKさんから毎回送られてくる画像の中には非常にレアなものも多く、1本のギターが作られていく過程を余すところなくレポート出来たのではないかと自負しています。
MICKさんを始め、FUJIGEN全スタッフの皆さん、今回は本当にお世話になりました。
今回、カスタムオーダーのギターMADCATTYを、ストレスを全く感じることなく、FUJIGENで作製していただけた自分は、とてもラッキーだったと思います、最高の出会いでした(^-^)b
ギターをこの手に受け取るまであと少しありますが、一足お先に御礼を言わせていただきます、本当にありがとうございました、そして今後ともよろしくお願いします☆



楽器店を通じてエレクトリックギターを購入するとき、様々な経路や個体が存在します。
テレキャスターを買おうと思ったとき、新品なのか中古なのか、色はどれとどれならアリか、ネックシェイプはどんなものにするのか・・・細かい点を挙げていけばキリがありませんが、それら全てをイチから指定し、まだ存在しない1本を製作していただけるのが、カスタムオーダーという購入方法です。

少し偏った意見かもしれませんが、「既に存在する個体が持つ音だけ、その1点のみをギター購入の指針とする」という方には向かないかもしれません(笑



■Body : Flamed Maple , Light Ash & Walnut (Thin Nitrocellulose Lacquer Finish)
■Body Binding : 1 Ply - Tiger Turtle Shell Celluloid
■Neck : Timeless Timber Hard Maple - Soft V "NOCASTER" Shape (Thin Satin Nitrocellulose Lacquer Finish)
■Fingerboard : Timeless Timber Hard Maple - 12”Radius (305 mm) (Thin Nitrocellulose Lacquer Finish)
■Frets : 21 Medium Jumbo
■Nut : Oiled Bone
■Head Stock Logo : FgN (FUJIGEN CUSTOM HOUSE - MADCAT)
■Pickups : Lindy Fralin "WOODSTOCK'69" (Neck/Middle/Bridge)
■Controls : Master Volume , Master Tone & 5 Position Selecter SW (CTS & CRL)
■Jack : Mono (Switchcraft)
■Bridge : 6 Steel Saddles On Hard Tail (Gotoh - GTC101)
■Machine Heads : Vintage K Style Tuning Machines (Gotoh - SDS510)
■Hardware : Chrome & Nickel
■Pickguard : 1 Ply - Tiger Turtle Shell Celluloid
■Color : M.C.(MADCAT) Blond
■Scale Length : 25.5” (648 mm)
■Width at Nut : 1.625” (42 mm)

Crafted by FUJIGEN CUSTOM SHOP - Made in JAPAN


 ↑ こちらは、カスタムオーダー申し込み時に見積もっていただいた内容を、メーカーのカタログ風に書き直したものです。
ここに挙がっている内容、その1点1点全てに・・・私の意志と要望が含まれています。
ここにないものでいうと、ポットのコンデンサや線材、ストリングガイドの種類、ナットでの弦間ピッチまでをも指定しました(^-^)b
(もちろんその中には、プロフェッショナルであるMICKさんへ相談して決めたものもたくさんあります)

あれが欲しい、これが欲しい・・・人の欲望とは、どこまでいっても結局のところ、ないものねだりなのだと思います。
となれば、「ないものを作る」というのは、ある一方では究極の購入方法なのではないでしょうか★

正式な申し込みから約3ヶ月半、カスタムオーダーの待ち遠しさ、その楽しみをたっぷりと堪能しました☆
そしてこれからは、出来上がったギターをずっと弾いて弾いて弾き倒して・・・音の悦びにまみれるだけです(^-^)b
[PR]
by madcat-telecaster | 2007-11-22 19:23 | 雑談
<< ☆感無量☆ セットアップ その2 >>


最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧