■ The Way Of The Madcatty Telecaster ■


プリンスが80年代初期から使用しているホーナー(H.S.アンダーソン)製テレキャスターMADCAT。憧れのギター、FUJIGENへのオーダーから完成までの道のりと、プリンス他・色々な音楽についての雑なネタぶろぐです♪
by madcat-telecaster
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

塗装 その1

MICKさんから新しい画像を送っていただきました、塗装の第一段階です!!!

とりあえずコメントは後回し、まずはしっとりと色づけされたMADCATTYをご覧くださ~ぃ(^-^)b




c0128885_16114281.jpg

タイムレスティンバーの1ピース・ハードメイプル・ネック、色が入ったことで一段と精悍に。
FUJIGENのカスタムオーダーギターは、フレットの端が(物凄い手間がかけられて)球状に成形されます、弾き心地も良さそうです。
ヘッドストックの大きなロゴは「FgN」、先端部には「FUJIGEN CUSTOM HOUSE・・・」、その下3行目にも何か文字がっ★
わがままを言ってワンオフのインレタをオプション扱いで作製していただきました(^-^)b




c0128885_16115920.jpg

ヘッド裏の流麗なライン、柔らかなエッジが素晴らしいです・・・手作業の多いカスタムオーダーならではです。
グリップのシェイプも型取りをお願いしたネックとそっくりです。
ところどころに見える杢はバーズアイでしょうか・・・かなりしっかりしたネックになりそうな予感がします☆




c0128885_16121912.jpg

部分的に光が当たっています、段階的に色味が変化して・・・こうして見ると、フレイムが凄いですね、迫力です★




c0128885_16123556.jpg

ボディ裏です、同じように部分的に光が当たっています。
それにしても、プリンスのMADCATとは少々色味が違うようですが・・・




c0128885_16125983.jpg

最初に画像だけを拝見したときには少々慌てましたが、今回いただいた画像はまだ塗装の第一段階、トップラッカー(クリア)がまだ吹かれていない状態です。
MICKさんがご覧になっても、やや色味に違いを感じられたようで、塗装担当の方と若干の修正を打ち合わせされたそうです。
お手数かけます(^^;
色味に関しては、プリンスが使用しているMADCATのドンズバを狙っていただいていますので、塗装と仕上げの完了が楽しみです(^-^)b

とはいえ、光線の当たり具合でかなり色合いが変化するんですね・・・ソリッドカラーでの塗りつぶしではないので、とても難しいところです。




c0128885_1633747.jpg


今回のオーダーでは、塗料にニトロセルロースラッカーを使用していただいています。
オリジナルMADCATとは別仕様となってしまいますが、ラッカーの濡れたような色っぽぃ色味が大好きなのでそのようにお願いしました。
ネック裏以外は、極薄のつるぴかグロスフィニッシュとなる予定です。

最初期モデルにはニスが使用されていた(まるでバイオリンのようです・・・!)という説もあるMADCATですが、MICKさんがH.S.アンダーソンにいらっしゃった頃は、ウレタン塗料で塗装されていたそうです。
なので、プリンスが最初に使用していたホーナー製のMADCATは、ウレタン塗装であった可能性が高いですね★



いよいよここまできました、胸が本当にドキドキしています・・・・・・恋ですね、これは(笑



※いただいた画像をこちらへ転載することについては、事前にMICKさんの許可をいただいてます☆
[PR]
by madcat-telecaster | 2007-11-08 01:36 | MADCATTYカスタムオーダー
<< 塗装 その2 ギタリスト PRiNCE >>


最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧