■ The Way Of The Madcatty Telecaster ■


プリンスが80年代初期から使用しているホーナー(H.S.アンダーソン)製テレキャスターMADCAT。憧れのギター、FUJIGENへのオーダーから完成までの道のりと、プリンス他・色々な音楽についての雑なネタぶろぐです♪
by madcat-telecaster
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ

気になるギターたち その2

前回のテキストで、ギターの個体差について少し触れました、別々のギターによる音の違い、です。
今回は、同じ1本のギターによる音の変化についてちょこっと書いてみようかと思います。

バッカステレをモディファイしていく過程で、ギターを改造調整することによる音の変化を体験してきました。
その中で、最大の変化を感じたのは・・・ネックポケットの修正と、その組み込み、でした。
知人の紹介で、とあるリペアマンの方にバッカステレを調整していただいた時のことです、作業の内容についてはあえて具体的に触れませんが、調整後、出音が激変しました。
サスティーンは伸び、音ヌケは良くなり、コードを鳴らしたときの響きがとても綺麗になりました・・・音の分離が良いというのはきっとこのことなんだな、と感じました。
それに近い変化を、ジャック・ポット・配線を同時に交換した時にも感じました。
バンドサウンドの中で、音ヌケがとても良くなったのです。
そのどちらでも同じように感じたことがあります・・・なんと最初はとても弾きづらかったのです(^^;

どういうことかというと、弾いた音がそのままアンプから出てしまうので、ミュートやピッキングがいい加減だととても雑な音がそのままアウトプットされてしまうため、ヘタっぴな自分の腕前のせいで、そのギターを非常に弾きづらく感じてしまっていたのでした・・・カッコ悪い話で何ですが★

それまでは、輪郭のはっきりしないボワァーンとした音を太い音だと感じ、それを良い音だと認識していたのですが・・・激変したギターの出音を聴いて、今までは単に「ヘタっぴさが誤魔化される音を良い音と感じていたのだ」という事に気づいたのです。

同じような話をパーカッション奏者の方に伺ったことがあります。
初心者にジャンベのチューニングをさせると、ほとんどの人がヘッドを緩めにしてボワァーンとしたローの出る低い音に合わせるのだそうです。
それを良い音だと感じているのだと思うのですが、ドラムサークルなどで他の楽器と合わせて叩いてみると、丸っきりヌケない、使えない音なのだそうです。
きっとアラが出づらいので叩きやすく感じるのでしょうが、アラが出ない楽器=ニュアンスを出しづらい楽器、ということになるのだとも思います。

長々と書いてしまいましたが、ギターにはモデルや個体による出音の差が間違いなくありますし、同じ個体でもどのような状態に調整されているかで出音に違いがあるのだ、という事を、私は(ほんのちょっとの、ですが)経験から学びました。
そして、ギターに関して「わかっている」人間であれば、出音の良いギターを狙って造れるのではないか、とリアルに考えるようになりました。
きっと「当たり前」のことなのでしょうが、既成概念としてではなく、今では実感として受け止めています。

今回カスタムオーダーをお願いしているMADCATTY、これまでたくさんの画像で製作工程を拝見させてもらっていますが・・・出音の良いギターになる高い可能性をビンビン感じています☆






話の内容がテキストのタイトルから思いっきり脱線しまくってしまいました(^^;
今現在私が気になっているギターを紹介してみます。
テレキャスターが好き好き大好きーーーっと言い続けている私ですが、実はFender社のテレキャスターを持っていません(笑
もちろん気にならないわけではないのです、だって本家本元ですからね☆
しかし、私が気になるテレキャスターとは、所謂テレキャスターファンの方々のツボとは違うようでして・・・


c0128885_4192249.jpg

Classic Player Baja Telecaster
http://www.fender.jp/php/f_eg_detail.php?item_no=415
カスタム・ショップ・マスター・ビルダーのデザインによるスペシャル・カスタマイズ・モデルが“クラッシック・プレイヤー・シリーズ”として、リーズナブルな価格で登場だ。長年のビルダー経験に基づいて選択されたスペックの数々は、実際にプレイすればその価値に驚くだろう。
クリス・フレミングのデザインによるBaja Telecasterはソフト“V”シェイプ・ネックに9.5インチ・ラジアスのメイプル指板、”Twisted” “Broadcaster”のカスタム・ショップ・ピックアップの組み合わせに4Way+S-1スイッチが搭載されており、ネックプレートに”Fender Custom Shop Designed”の刻印が刻まれている。



c0128885_4224219.jpg

Vintage Hot Rod '52 Telecaster
http://www.fender.jp/php/f_eg_detail.php?item_no=393
ロックの歴史を支えててきたと言っても過言ではない、57年、62年仕様のストラトキャスター、そして52年仕様のテレキャスター。これら偉大なフェンダーのヴィンテージをホット・ロッドした新しいシリーズの登場です。シン・スキン・ラッカー・フィニッシュの採用等、ヴィンテージをベースとしながらも、9.5インチ・フィンガー・ボード、ミディアム・ジャンボ・フレット、サテン・ネック・バック等、プロフェッショナルなスタジオ・ワークやライブにおいて効果を発揮する実用的なスペックを塔載。新しいU.S.Aコロナ・レギュラー・ラインナップのフラッグ・シップ・シリーズの誕生です。
“U” シェイプネック、若干ダークな音色を特徴とするCustom Vintage Tele®ブリッジ・ピックアップ、Seymour Duncan® Vintageミニ・ハムバッカー・フロント・ピックアップをフィーチャー。




現在Fender社からラインナップされている数多くのテレキャスターの中で、いま私が気になっているのはこの2本です。
共通しているのはネックシェイプが太めで、指板のRが緩く大きいところでしょうか。
Fenderらしい184Rの指板よりも弾きやすく感じます。
馴れの問題だとも思いますが、Gibsonのギターと持ち替えたときにそれぞれ違和感が少なくて済むから、というのも理由のひとつです。
しかし金属のブリッジプレートがある場合は、3辺が折れ曲がったタイプで、サドルは3つでないとイヤです(笑
見た目としては、ボディのラッカーが剥げて、メイプル指板がボロボロに汚れたテレキャスターが一番カッコ良いと思います(^-^)b
けどボロボロにするのは自分自身でないと・・・ですね、頑張ります★

Vintage Hot Rod '52 Telecasterに関しては、フロントPUがミニハムというところが非常にそそられます・・・やっぱり私は一風変わったテレが気になるようです(^^;






つい先ほど、こちらのブログへの訪問者数が1000を超えました☆
テキストのほとんどはくーだらない内容ばかりでしたが、ご来訪いただいた皆様には感謝感謝です(^-^)b
[PR]
by madcat-telecaster | 2007-11-03 04:40 | GUITARいろいろ
<< 楽器フェア 2007 気になるギターたち その1 >>


最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧